一人目から6年経っても二人目ができず

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。相乗効果なのか、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、サプリメント等で葉酸を摂取し、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。厚生労働省の推奨では1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと難しいと思いますから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。妊娠を希望する方や計画している方が、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。
当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。
妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくするという話があります。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、義妹や姉のところに子供ができると、自分はどうなのだろうと不安になりました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、そう時間をおかず妊娠することができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。
ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してください。
具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、熱は通す程度にした方が良いと思います。
いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。
赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。
一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。あるいは、野菜も代表の一つですね。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、生殖機能が低下することにつながります。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血流のわだかまりを解消し、自律神経に働きかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が一番良いですね。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。
では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。
しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが妊娠にも産後にも有効です。
そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、今しばらくは我慢するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です